退院

 朝、六時より診察、薬剤付きガーゼ30センチほどを鼻の中に詰め込み20分ほど経つてそのガーゼを抜き取る。かさぶたと鮮血が付いた状態で両鼻からガーゼが出てくる。
それから洗浄器の管を差し込み、目のそばの空洞まで差し込み食塩水をポンプで流し込む、傷口が痛む血の塊などが反対の鼻から出てくる。食塩水が少なくなると空気と一緒に食塩水が傷口をたたくように流れ込む、目まで痛みがひびく、その後は鼻はスッキリ、スースーと通りが良くなる。
次は翌週の5日診察、それまで自宅で安静にするように言われた。
  

病院を出て約1時間半、棟上げの現場に着くと職人6、7名が忙しく働いていた。クレーン車、生コン車が狭い駐車場に一杯、家の形になってきた。
 それにしても阿蘇は寒い、穏やかな晴れの天気ではあるがこの寒さは体に悪い
久しぶり外の空気に身が引き締まる。「安静にしていてくださいよ」と、先生から何度も言われたが、早速、動き回っている。頭がクラクラふらつく、
c0244685_17294327.jpg

c0244685_16383439.jpg

c0244685_16314869.jpg

by sorasanpoh | 2013-01-30 17:30 | Comments(0)

丘の上のピッツェリア・トレパッソ


by sorasanpoh